美肌の人が毎日やっているスキンケア


女性だろうと男性だろうと美肌の人って見ているだけで素敵ですよね。しかし体質のためか、「スキンケアは毎日行っているのになかなか改善されない」と言う人もいるのではないでしょうか?

そのスキンケア方法がもしかしたら間違った方法なのかもしれませんね。今回は美肌の人が毎日やっているスキンケアの方法を記事にまとめていきたいと思います。

朝の洗顔は美肌へのはじめの一歩

まずは朝の洗顔は美肌の人が毎日やっているスキンケアの一つです。朝は洗顔するのが当たり前だと思っている方もいるかもしれませんが、その方法が大事なポイントになってきます。

洗顔料や石鹸を付けての朝の洗顔はしてはいけないと言うことをご存知でしょうか。「朝洗顔なし美容」が流行っているくらい、朝に洗顔料やせっけんなしでぬるま湯のみでの洗顔方法が流行っています。

どうしてこの方法が美肌へのはじめの一歩になるのかと言いますと、摩擦による肌へのストレスの軽減と必要以上に皮脂を落とさないことに繋がるからです。

寝ている間は汗や皮脂の分泌量が少なく、肌自体が自然の保護膜を作るのでぬるま湯のみでほこりなどの汚れを朝の洗顔で落とすだけで良いのです。

それだけでは汚れが落ちていないような気がする人は、コットンに化粧水を染み込ませ優しく拭き取るようにしましょう。その後の化粧水と乳液で保湿してあげることを忘れないようにしましょう。

お肌に優しい化粧の仕方

次にお肌に優しい化粧の仕方も美肌の人が毎日やっているスキンケアの一つです。

世の女性は化粧をする女性が大半だとは思いますが、肌荒れやニキビを隠すのにファンデーションやコンシーラーなどの厚塗りを行っている人が多いのではないでしょうか。隠すために行っているその行為自体が肌荒れの原因になってしまっているのです。

最近ノーファンデメイクが流行っている程にファンデーションはお肌に負担をかけるものだと分かってきています。

ファンデーションをしないとどうしても肌荒れが気になる人は下地を変えてはいかがでしょうか。化粧水、乳液をしっかり行った後に化粧下地にカラーコントロールのついた物を塗ると肌がキメが整い、なめらかな状態にします。

それでも気になる隠したい部分にはコンシーラーを使い、最後にフェイスパウダーもしくはベビーパウダーを塗りましょう。肌自体への負担が一気に減るのと、メイク落としの時に低刺激ものもでお落ちるので摩擦などで起きる肌荒れも改善されるのでお勧めです。

紫外線対策を徹底して日中もスキンケア

そして紫外線対策を徹底することも美肌の人が毎日やっているスキンケアの一つです。紫外線対策をしているのは春から夏にかけてのみだと言う人も多いかもしれませんね。

ですが、紫外線と言うのは一年中降り注いでいるものなので、一年中対策をしなければいけません。日頃から日焼け止めを塗ることを忘れずに、下地やファンデーションなどに日焼け止めが入っているものがあるのでそれを購入するほうが良いでしょう。

日焼け止めには顔用と体用の2種類があり、顔用を体に塗るのは大丈夫ですが体用は顔に塗るのは刺激が強いのでお勧めできません。

そして、日焼け止めだけでなく日傘や日よけグローブに帽子やUVカットサングラスなども一緒に使うことをお勧めします。日焼けをしてしまった体には、保湿を忘れないこととお湯ではなくぬるま湯でお風呂に入るなどの工夫も忘れないようにしましょう。

面倒だと思うかもしれませんが、紫外線対策は美肌だけでなくシミやそばかすの予防にもなりますので1年中行いましょう。

お風呂上がりの保湿は絶対

さらにお風呂上がりの保湿も美肌の人が毎日やっているスキンケアの一つです。

お風呂上がりは肌が綺麗になっていて、温まることにより毛穴が開いた状態になっています。お風呂上りに保湿を行うことで肌に保湿成分が浸透し、健康的なつるつるの潤った美肌に生まれ変わるのです。

化粧水を手のひらに取り、顔を少し上に向けて顔全体に塗った後両手のひらで馴染ませます。化粧水を塗っただけでは水分が蒸発してしまうので、乳液で蓋をし潤いを閉じ込める必要があるのです。乳液を手のひらで温めた後に薄く顔全体に優しくつけ、付け終わった後はティッシュで軽くオフしましょう。

お風呂上り5分以内に行うのが一番良い時間で、なるべく低刺激で敏感肌用の物を使うことをお勧めします。乾燥する季節には特に念入りにお風呂上がりの保湿を忘れないようにしましょう。

寝不足は肌荒れの原因、早く寝よう

最後に寝不足は肌荒れの原因で早く寝ることも美肌の人が毎日やっているスキンケアの一つです。なぜ寝不足が肌荒れの原因になるのかと言いますと、成長ホルモンの分泌が減り、ターンオーバーが正常に働かなくなるからです。

寝不足はニキビを作る原因になり、ストレスを増やしてしまうので早めに寝ることが一番の解決方法です。ただ寝るのではなく、肌のゴールデンタイムである22時から2時までの間に眠ることを意識して快眠を心がけましょう。

寝るときは電気を全部消し、真っ暗にすることで生まれる前のお腹の中での時のようにリラックス出来るのでお勧めです。寝つきが悪い人は無理に寝ようとせずに、横になって目をつぶるだけでも効果がありますので行ってください。

このように美肌の人が毎日やっているスキンケアの方法を記事にまとめてみましたが、みなさんはしっかりこなせていますか?

もしも、このスキンケア方法を行っていないのであれば今日からでも実践していってみましょう。

1 2 3 4